ブログ

  •   
  •   
  • 小学生のお問い合わせを多くいただいています
  • 小学生のお問い合わせを多くいただいています
    Pocket

    おかげ様で、当塾も3年目を迎えました。

    そして、年々、皆様から評価をしていただくことが増えてきたことを実感しております。
    これも一重に皆様のおかげでございます。
    謹んで感謝申し上げます。

    そして、前年よりはるかに教室が賑やかになってきました。

    今年は特に小学生のお問い合わせを多くいただくようになりました。
    これは、ご縁をいただいた家庭を始め、地域へ小学生、特に5年生あたりからの重要性が次第に伝わってきたのではないかな?と思います。

    小学生のお問い合わせをいただく中で、保護者の方が共通して懸念されていることがありました。

    それは、「中学校へ進学したときに困らないようにしておきたい」ということです。とくに、兄弟姉妹に中学生がいる家庭は、実体験がありますので、早め早めに動き出してお問い合わせをいただいているようです。

    当塾では、中学受験生はお預かりしないため、公立中学校への進学をすることを見据えた小学生を対象にした授業だけを行っています。

    お問い合わせいただくお子さんは、十人十色の課題を抱えています。
    しかし、共通するのは、中学校への進学後を見据えて額数させたいというお話です。

    つまりは、1つの出来不出来の目安は、
    中学校で必要または関連性が高い分野を重点的に学習する
    ということが最も重要ということになります。

    一般的に、課題を抱えている子について全分野を完璧にさせるのは、思った以上に大変です。
    ですが、的を絞って、きちんとした順序と適切量を学習すると、結果は出やすくなります。

    これは、特別なことではなく、大多数の子に当てはまります。

    学校の宿題が少ないという点からも、適切量というのが、近隣の小学生にとってはネックになっているようです。

    当塾では1科目あたり1週間のうちで1時間しか授業がありません。
    ですから、中学受験生のように、あれもこれもと教えることはできません。

    しかし、多くのご家庭が求めているように、中学校を見据えて!ということであれば、
    1週間に1時間の学習と宿題で、ある程度はカバーすることができます。

    現実問題として、あれもこれもとやっていると、結果が出にくいため、子ども自身の気持ちもノッテきません。
    言い換えると、「やる気が起きにくい」または、「学習を継続したがらない」ということです。

    本当によくあるパターンとして、通信教材(〇ペン先生、〇〇〇チャレンジなど)を貯めてしまうという子。

    私自身も溜めてしまって、きちんとやらなかったと記憶しています。

    今になって考えてみると、広い分野を自分で全て勉強するというのは難しいだろうと思います。

    ですから、私たちの役割というのは、「学習を途中で投げ出さずに継続させる」ということ。
    加えて、「中学校で必要な分野を徹底すること」だと考えています。

    全分野を完璧に!ということを求めている家庭にとっては、当塾は物足りなさを感じるかもしれませんが、
    中学校で困らないように!と考えている家庭にとっては、きっと得られるものが多くあるかと思います。