ブログ

体調管理も立派な受験準備/加湿器使いましょう

Pocket

加湿器

体調管理も立派な受験対策!!

年明けですが、体調を崩す生徒がちらほらいます。
学生は、大人にも増して、大人数で同じ空間にいる時間が長いものです。
そのため、朝の体調は何ともなかったのにも関わらず、夕方になって、頭が痛い…
なんてこともよくある話です。

受験生は、特に注意をしておかなければなりません。

具体的に、注意するのはどういうことかというと…

  • ● 帰宅後は、手洗い・うがいをする
    ちなみに、うがいは、1番最初に口をゆすぐべきだとご存じでしたか?
    これをしないと、口の中にあるウィルスを逆に直接、のどの粘膜に送りこむことになります。
  • ● 偏った食事にしない
    体調管理の基礎中の基礎ですね。
    栄養のバランスが偏っている食事が多い家庭は、大概、冬に体調を崩します。
    兄妹揃ってということは、家庭の食事が原因かもしれません。
  • ● 睡眠時間の確保
    最近は、逆に、昼寝などし過ぎの子もいますが、長期休みのときには、生活バランスが
    崩れている子もいます。就寝時間をさほどずらさなければ、学校と同じくらいの生活が
    しやすいものです。親は生活リズムが崩れてしまうのを放っておいてはいけません。

部屋の中の湿度は40~60%にする!!

湿度というのも、体調管理にとても重要です。
〈風邪予防はこれで決まり!!〉
http://mamari.jp/2170

昨年も、一昨年もそうでしたが、現在の都内の小中学校は、冷暖房完備。
ですが、湿度においては、対策がとれていないところが多いようです。
そのため、一度蔓延してしまったウィルスは、とめどなく拡散されてしまいます。

つまり、一気に広まるのです。

この原因は、やはり湿度にあると思われます。

室内の温度は、エアコンにそれなりに保たれていますが、
集団生活をする教室には、加湿する設備がありません。

風邪やインフルエンザウィルスは、湿度が50%を切っていくと、喉の粘膜に
ウィルスが届いてしまい、体内で増殖してしまうようです。

環境として、対策が取られないようであれば、
自衛するしかありません!!

今日も、受験生には、学校でマスクをするよう励行しました!

塾内では、朝から加湿器をフル稼働しています!
室内が温かく感じる効果もありますので、ぜひ、湿度調整、ご家庭でも行っていただきたいです。

 

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

LINE相談
相談予約
資料請求
お仕事依頼