ブログ

  •   
  •   
  • 【受験生向け】休校期間が続いて、学校の学習ペースは?
  • 【受験生向け】休校期間が続いて、学校の学習ペースは?
    Pocket

    3月2日から全国の小中高では、休校となりました。
    3月については、多くの塾が学校が休校であっても、学びを止めないという意識のもとに、
    3月は通常通りの授業を実施してきました。

     

    6月に入り、学校の授業はというと、だいぶゆっくりのペースで進んでいる印象です。
    前学年の1カ月分からの履修もしていますので、仕方ないという部分もあります。

    考慮しておく必要があることとしては、以下4点だと思います。
    1.主要5科目の授業ペースアップ
    2.演習回数の減少(前学年の復習機会の減少、ともいえます)
    3.課題の肥大化
    4.小テストの増大

    近隣の中学校である、上二中や桜川中では、生徒の学力差が広がっている部分がありますので、保護者の方は、十分に注意を払っておく必要があるでしょう。

    果たして、
    お子さんが通常のペースよりもスピードアップしたり、課題が多くなったときに対応ができるでしょうか?

    自宅での学習量や習慣なども崩れてしまっている生徒は、例年通りの受験準備のスピード感だと、非常に厳しい生徒が増えていくでしょう。

    当塾の受験生たちは、このコロナ休校でも塾は自宅型で3カ月動いてきました。
    一部、入試対策も行いました。本当に、大きなアドバンテージ(有利な状態)を作りだせています。

    また先日、入試日程は変更なしで行うような、趣旨の報道もありました。

    こんな年になるとは、本当に時間効率・学習効率を上げることが不可欠ですね。

    東京都は、私立授業料が無償となる枠が広がっていきましたので、

    こだわりをもった受験 をするかどうかで、生活の優先順位が変わるのではないでしょうか。

    ラボ寺子屋では、「こだわりをもった受験」(このレベル以上にはいきたい、いかせたい、いってもらいたい)という家庭を最大の労力をもって応援をしていきたいと思います。

    今年のコロナ禍で経済的なショックを受けたご家庭も、遠慮なくご相談いただければと思います。
    今年度から、そういった家庭向けには、経済負担の少ない学習機会を提供することができます。

    迷っている方などいらっしゃいましたら、ご相談くださればと思います。