コラム

  • テスト直前で確認すべきこと
    Pocket

    来週は、どの中学校も定期テストが本格化します。

    上二中は、1日目が終了しましたが、2日目、3日目は実技科目の試験が多いので、
    そちらもしっかりと準備をしましょう。

    桜川中、板二中、開四中は、来週でテストがすべて実施されますので、この週末の使い方が大切です。

    そこで、定期テスト直前で確認すべきことをご紹介


     

    ■ 定期テスト3日前

    まだ少し時間があります。提出物は、既に完成されていることがのぞましいですが、
    まだ終了していない人は、今日中に仕上げてしまいましょう。

    または、私が推奨しているように、問題集や提出物の間違ったもののみを繰り返し
    学習している人(エライ子!)は、2回間違えた問題などを再度確認しましょう。
    このとき注意が必要なのは、全部解こうとせずに、解き方、解法、答えが、「あー、あれだ」と
    思い出す、説明のみにしておくことです。

    例えば、数学であれば、数学の解法(解き方)を思い出すことができれば、OK。
    実際に問題を紙に書いていると、時間がかかりすぎてしまいます。

    理科社会などの知識は、とりわけ書かずとも問題は確認できるはずです。
    こちらも、何度も繰り返すことで知識の穴を、少しずつ潰していきましょう。
    まだ、時間は少しありますので、まだまだ点数化できます。

    英語や漢字に関しては、書けなければ得点になりませんので、
    できれば、書いた方がよいでしょう。それでも、これは自信がある!というやつがあれば、
    無理せずともよいのですが、まだ時間がありますので、できるだけ書いた方がいいでしょう。

    また、本日などは、休みの日ですので、実技系科目にも着手しましょう。
    特に、中3生は、息抜きのように、実技系科目をやると思いますが、
    実技系科目の定期テストは、基本、覚えることが中心なので、理科社会のように、ガツンと
    1時間程度集中して取り組みましょう。

    実技系科目は、内申点のことを考えながらやりましょう。そうすれば、もう少し頑張れるはずです。

     


    ■ テスト2日前~前日

    ここからは、総復習です。
    新しいことをやるというよりも、「これまでやった中で、覚えられそうで覚えていない」
    「ちょっと、あやふや」というところに的を絞って学習することをオススメします

    知識の定着には、ある程度段階がありますので、「まだ覚えていないものを、完全に覚える」よりも、

    「あやふやなものを、しっかり覚える」方が、同じ時間であれば、得点化しやすいはずです。

     

    あと、注意が必要なのは、テスト開始2日前は、テスト2日目、3日目のものをやるべきです

    テスト前日であれば、基本的には、明日の科目しか勉強しないはずです。
    ということは2日前は、2日目、3日目の科目を勉強した方が、勉強のバランスをとることができます。

    ただし、休みの日と平日では、1日に自由になる時間が違いますので、
    本日のような、、休日の午前中や、午後の早い時間(2時位)までならば、1日目の科目を
    学習してもいいとは思いますが、午後15時以降は、2日目3日目科目を重点的にやるべきです。

    あれもこれもと、教材に手を出さずにメインとなる出題範囲のもの(ワークや問題集など)を
    何度も繰り返してください。わからないものが減っていくほど、あなたの点数は上がり、
    テスト後にきっとニヤニヤできるはずです。


    ■ テスト3日前なのに、提出物がまだ終わっていない、最後まで見れていない君へ

    残念ながら、あなたは高得点は難しいでしょう。

    激しく反省してください。
    中学生が最もすべきこと、それは、「学習」です。
    そして、そこで「結果」を出すことです

    「頑張った」をアピールしてもムダです。

    もちろん、「頑張ることは、とても尊いもの」です。
    否定するつもりはありません。

    しかし、「結果」を出す、つまり「テストで点数をとる人」は、
    今までサボっていたあなたよりも、「はるかに頑張っている」可能性が極めて高いです。

    だから大人の世界では、結果を出す人を評価するのです。
    大人はそういったことはよくわかっています。

    土日に3時間程度しか勉強しない人は、頑張っているとは評価されません。
    自分頑張ってますアピールはやめましょう。結果が出なければダメです。
    そのために必要な学習量を確保していない時点で、勝負アリです。

    一発逆転、ヤマ勘を張るという作戦もありますが、
    ヤマ勘は、かなりの確率で外れます。

    提出物を終わらせなければ、通知表の成績が下がるでしょう。
    しかし、提出物をただ漫然とやっているだけでは、単なる作業ですので、
    点数になる学習ではありません。テストの点数は覚悟しておくべきでしょう。

    そんな、反省をすべき人。

    もし、それでも点数を上げたいという人は、早めに相談に来てください。
    とりあえずお説教はしますし、点数を猛烈にアップは厳しいですが、
    そんな状態でのベストな方法を指示します。


     

    中学校でも、テスト後に保護者面談・三者面談が控えているはずです。
    そこで、前向きな話ができるように、皆様頑張ってください。

    それでは、検討をお祈りします。