ブログ 中学生向け情報 勉強方法

英単語テスト 合格するまで再テスト

Pocket

●中学2年は英語の学年●

高校受験をする上で、最も大切な学年は中学2年だということはご存知でしょうか?
(ちなみに中3は数学の学年!)
教科書改訂により、板橋区・練馬区が採択している英語の教科書は、難易度が上がっています。
それによって、学習する単語数も増加しています。
=================
改訂前:900語程度
改訂後1200語程度
=================

2020年の学習指導要領改訂時には、1600~1800語に増えることが予定されています。

英語に課題がある人たちが、探し求めて通ってくれている塾だからこそ、学習の基本を徹底します。
それは「知識を引っ張り出す力」「反復」、そして「徹底」です。

当塾では「毎回少しずつ」ペースで「単語テスト」を実施しています。
数にすれば、毎回20個と少なめです。あえて、少なめにしています。
1つのスペルミスもしないというのは、英語が苦手・標準レベルの子たちにとっては、意外と難しいこと。

そうした子たちが多く通うからこそ、「仕組化」して、何度も繰り返しができるようにしています。
ポイントの1つが、「成績の可視化(見える化)」です。

中2生は、毎回のテストを受けて終わりという勉強はしません。
再テストを受けて、合格するまで繰り返します。
そのために、テスト結果は一覧にして、合格・不合格がわかるように、教室へ掲示しています。
始めた当初は、あまり前向きに取り組む様子ではありませんでした。
しかし、現在では、たとえ合格しなくても、週に1回再テストを進んで受けるようになっています!

テスト結果は、最高点・平均点・クラス順位・再テストの合否などがわかるようになっています。
無理なく頑張れば1位がとれるテストにすることで、やる気になるのです(←コレ、大切です)

「やる気」は「やれる気」です。

やる気スイッチの本当の入れ方、知りたい方は、1度ご相談くださいませ。
ご相談はコチラから
LINEでご相談もできます。(LINE相談

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

LINE相談
相談予約
資料請求
お仕事依頼