Pocket

RECOMMENDED FOR

  • 中高一貫で大学入試を見据えた
    進学をさせたい

    近年の大学入試は多様化しています。
    大学入試改革が実施されたことで、知識や技能敵な試験に加えて、考え方や発想力が求められる入試も増えています。こうした入試に対応するために、中学生から6年間かけて大学に備える学校が増えています。
    大学を見据えた教育に興味を見っている方は、中高一貫の私立中は選択肢の1つとなります。公立中から高校受験へ進学するよりも、一般的に1年ほど早く学習が進んでいくため、大学入試では優位になるケースが多くあります。

  • 特色あるコースのある中学で
    得意を伸ばしたい人

    公立中と異なり、私立中は特色あるコースを設けている学校が増えています。STEM教育”Science, Technology, Engineering and Mathematics”すなわち科学・技術・工学・数学の教育分野の総省)、英語で外国文化を学ぶコース、英語の短期留学をするコース。
    特に都内の私立中では、こうしたコースが設けられている学校があります。特定の分野に興味があるお子さんにとって、こうした特定分野に特化した私立中などは、充実した学校生活を過ごすことができるはずです。

  • 地元公立中ではない進路を選択したい人

    公立小⇒公立中という選択肢をあえて取らないということも地域的にも増えています。
    中学校は勉強以外に子どもたち同士の関わりも大切です。この中学校時代に、どんな友達・先生と出会うのか?これは、今後のお子さんの将来に影響を与えていきます。私立中は、生まれ育った地元以外の他エリアからも生徒がいます。違う地域の同世代の子たちと触れることで、視野を開くきっかけになる子もいるでしょう。
    地元以外にも視野を広げることで、価値観も広くしていく機会になるかもしれません。

学習について

個別指導とAssistによる個別演習の組み合わせで学習をしていきます。
中堅私立などは、基礎・標準的な問題が多数出題されます。それらをとりこぼしなく得点することで、十分に合格に達することができますので、当塾の私立受験コースは、基礎的な学習を多く実施することで、無理のない受験準備をしていきます。
また、発想が必要な問題や、図形やグラフ問題など、考え方が求められる問題は、個別に指導を行います。

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

LINE相談
相談予約
資料請求
お仕事依頼