高校生向け情報

高校生が通える塾・在宅学習できる塾をお探しの方、近くにあります!

御覧いただきましてありがとうございます。

当塾では小茂根校・蓮根校にて大学進学を希望する人たちの塾生を募集しております。

当塾は、「学習管理・学習マネジメント型」の塾となります。
先日、Studyplus社が主催するEDX EXPOで登壇をした内容が記事に文字起こしされました!
当塾での取り組みを把握しやすくなりますので、こちらも御覧ください。
https://story.studyplus.co.jp/n/nb81dc479ed30

一体、何が普通と違うの?ということがあるかもしれませんが、簡単にご説明いたします。
(※動画説明を後日いたします)

 

 

1.学習のスタートは超基礎レベルからOK

当塾は、超基礎レベルから大学進学を応援しています。いわゆる予備校が目指す有名大学だけを目指すということではありません。
総合選抜型、英検活用入試など、合格率が高くなるための戦略を用いて、大学進学をサポートいたします。

そのため、当塾での学習は「超基礎」からスタートしています。
だからこそ、どんな勉強が苦手、これから勉強をスタートするという人たちでも安心して学習いただけます。

講座一覧(ベリタスアカデミー)

講座一覧(学びエイドマスター)

 

 

2.学校とのバランスをとることができます

現在、近隣の学区を中心として高校では、大学進学のために高校もたくさんの学習課題があります。
学校の先生は、「予習・復習・単元テスト」などを行っていればよい、「予備校・塾はいらない」と謡っている学校も多くあります。
当塾は、学校での課題も取り組みつつ(活かしつつ)、大学受験の勉強のバランスをとっています。

勉強のことだけでなく、進学の相談も常に行っているからこそ、どの時期に何を重視すべきか?を調整することができます。

 

3.あなたを把握する担当がいます

当塾では、あなたの日常的な学習や部活動のスケジュールなども踏まえての学習を提案・計画していきます。

忙しい状況ではあるが、計画通りの学習も想定していないスケジュールが入ってしまうこともあるでしょう。

予備校のチューターさんは、日々違う人がやっているかもしれませんが、当塾では専任であなたのことを把握しているスタッフがサポートをしていきます。

 

4.映像を見せる、学習計画だけでない、その両方でなきゃ意味が無い!

先日、とある難関大学を目指す生徒が言っていました。

「大手の予備校って嫌いなんです、だって映像見せているだけでお金とるじゃないですか?」

コレ、本当に勉強の本質に気づいている生徒、高学力の生徒のセリフの典型です。

勉強は、映像はあくまでインプット、単元テストや問題集まで取り組むことが大切です。

一方、学習計画を立てて勉強は自学だけという塾やオンライン塾も増えました。

それでも、近くに人がいる、ライバルがいるって「環境」は大切だと思いませんか?
このあたりは、理屈ではないと思います。責任者の小泉自身も浪人しているときに、すごくこの重要性を感じていたからこそ、
「自習ブース」や「快適な空間」、「自宅ではない場所」としての勉強空間を提供しています。
もちろん、気分を変えて自宅で学習、別の日は自習ブースという使い方もOK。

それを実現できるのは、当塾が映像コンテンツだけでなく、Studyplusを用いた学習計画まで大切にしている設計だからです。

自宅のみのオンライン生もOK。教室を利用したいのであれば、自習室プランもOK。
あなたの求めている環境、当塾にはあります。

大学合格実績、合格体験記はコチラ

 

お問い合わせは
お気軽にどうぞ

LINE相談
相談予約
資料請求
お仕事依頼