お知らせ

  •   
  • お知らせ
  • ★2学期★ 保護者面談・三者面談のご予約はコチラから

    2学期の面談の予約を承ります。

    小学生・中学生が対象となります。高校生についても、任意でご予約ください。
    ご家庭から、家庭での様子、テスト前の家庭での取組み、進路希望などについてお話をうかがいます。
    当塾からは、直近の塾内での様子、学力の現状と課題および対策案、進路について、夏休みについて、などをお話させていただきます。

    その他、ご家庭からご相談事項などありましたら、お話いただければと思います。

    <面談のご参加について>
    ①中3生:三者面談 (保護者・生徒・塾)
    【面談内容】主に、成績状況進路・12月から冬休みについて

    ②その他学年:保護者面談(保護者・塾)
    【面談内容】主に、成績状況・日常授業・課題実施状況・来年度について

    ご予約については、以下のリンク先からご予約をお願いします。

    クービック予約システムから予約する

  • インタビューを受けました!

    現在、当塾で活用している、学習管理アプリStudyplusですが、ご存知でしょうか?

    現在、日本の学習管理系アプリの中で、最も多く使われているアプリです。
    こちらのサービスの学校や塾向けサービスを導入しています。

    大学受験生向けのサービスとして、当塾でも利用してもらっています。
    今月から、希望する高校生には対象者を拡充していく予定です。

    さて、その業界では有名になりつつある、スタディプラス株式会社様より、
    学習塾向けの「Studyplus for School」の活用法や、当塾のインタビューをしていただきました。

     

    普段語ることがない、創業に込めた思いや、当塾の理念、現状の問題解決、今後についてなどなど、
    実に1時間半にもわたる長い時間、インタビューをしていただきました。

    【塾長小泉のインタビュー】
    https://for-school.studyplus.co.jp/1137

    【高3の塾生インタビュー】
    https://for-school.studyplus.co.jp/1170

    過去、小泉自身が修行時代の話(学生時代含めた)などをお伝えしております。

    お時間あるときに、ぜひ、ご一読ください。

  • 夏期閉室日のお知らせ

    夏期閉室期間について

    以下の期間、夏期閉室期間となりますのでご確認をお願いします。

    8月9日(水)~8月16日(水)

    8月17日(木)より開室(授業無)

    通常授業開始日:8月18日(金)より

    この期間から、通常授業(8月分授業)となります。
    使用するテキスト類は、通年テキストを持ってきてください。
    (中1・2生は第2回の課題提出日です。詳細はコチラ→

    自習室の利用について

    既に案内しているように、自習室はオートロック化しています。
    塾生は、閉室期間中も利用していただいて結構です。
    使用時の注意点などは、自習室内に案内がありますので、確認をしてください。
    また、閉室期間中の質問などは、LINE等でお知らせください。
    緊急の場合は、当塾教室番号までご連絡ください。(小泉へ電話転送がかかっております)

  • 【夏期講習】アクトレ・英検・漢検講座 座席予約はコチラ

    夏期講習の予約がスタートしました。

    夏期講習のアクトレ・英検・漢検講座を受講する際には、座席のご予約が必要です。

    受講回数・時間が多い方は、別途「受講申告シート」にご記入、ご提出ください
    (WEB予約には、時間帯の都度、メールアドレス入力が必要になり入力に時間を要します)

    提出後の受講追加等の場合、こちらのWEBから追加入力していたければと思います。
    入力は、原則、前日までにご登録をお願いします。

    クービック予約システムから予約する

  • 【最新】成績UP事例を紹介

    振り返ってみたら、これだけの結果が出ていました

    これまで、自塾の成績UPの事例って、まとめたことなかったと思い、事務さんに手伝ってもらって、入塾時と卒業時(中3は2学期)の定期テストの結果を調べてみました。

     

    まとめてみた結果。。

    自分自身でも驚きました(笑)

    成績UPの結果、単年ではまとめたり、掲示したりして把握はしてみたのですが、
    いざ、こうやってまとめてみると、凄いですね!(笑)

    卒塾生や、現塾生、成績がUPしていて、今や勉強ができるようなイメージがある子でも、
    入塾前の成績と比較してみると、大きな成長を感じます。

    もちろん、成績が劇的に必ず上がるわけではありませんが、少なくとも、私たちが示したことを、
    十分にこなし、自分自身のものにしていった生徒たちは、ほぼ確実に成績UPを果たしています。

     

    生徒1人1人を見ながら、指導をしている。
    決して言葉だけでないということが、きっとわかってもらえるはずです。

    なぜ、成果が出ていくか?と考えてみると、入試システムに合わせた学習をするという点もありますが、
    最も大切なのは

    「生徒が私たちの方を向いて、私たちの話していることに興味をもっているから」

    だと思います。

     

    実際に私たちの授業を受けたことがある生徒であれば、わかるはず。

    学習法だけでなく、関連した脱線の話題が面白いということを

     

    学年にもよりますが、ずっと勉強のことだけしていられる子どもは少ないです。

    ユーモアを交えて学習できると本当に、集中してくれます。
    そして、私たちの方を見てくれる生徒たちの共通点は、
    『家庭で、塾の話、話題が出ること』です。

    「〇〇先生って、昔●●したことあるんだって!」
    「〇〇先生が、こんなこと言っていたよ!」
    「ねぇねぇ、〇〇ってなんであるか知ってる?」

    こういう話、うちの塾生だと大概、私たちが授業で話したことだったりします(笑)

    そう、子供たちは、面白エピソードやナルホドって思ったことを、誰かに聞いて欲しがるもの。

    同じ話題をもちたい気持ちがあるんですね。

    だから、塾の話題や塾に関連するエピソードが家庭で登場するというのが、塾に夢中になっているかの
    バロメーターになっているともいえるのです。

     

    では、

    皆さんのお子さんは、塾でのエピソードを家庭で話をしてくれますか?