お知らせ

  •   
  •   
  • 小学6年生のお子様を持つお母さんへ 新中1 〔英語〕準備講座 <苦手にならない工夫とは!?>
  • 小学6年生のお子様を持つお母さんへ 新中1 〔英語〕準備講座 <苦手にならない工夫とは!?>

    よいよ2016年も、終盤に差し掛かってきました。
    受験生が終盤になったと同時に、新年度の準備をする時期となってまいりました。

    今年から、当塾でも小学生向けに、中学準備講座を実施することとなりました。

    中学生になるまでに「完璧にすべき」こと(英語版)

    大きな変化が訪れます。その中でも、大きな影響を及ぼすのが「部活動と定期テスト」です。

    このうち1つだけであれば、ほとんどの新入生は順応をしていくはずです。
    しかし、2つが合わさることによって、新入生、ほぼ小学生の中1生は、対応していくのが困難になってしまいます。

    理由の1つは、「体力面」という点が大きいようです。
    特に、運動部に所属する新入生にとって、小学生と中学生というのは、体格的な面等から、運動量が段違いとなります。
    そのためしばらくは、帰宅してすぐに「バタンきゅー」となってしまう子が続出します。
    とてもではないですが、学校の宿題や課題、まして自分で勉強をするなどという余裕がありません。
    (もちろん、一部例外的な子はいるかもしれません)

    これらのことを踏まえると、中学生になるまでに、最低限マスター・完璧にしておくべきことが出てきます。

    算数・数学版については、別記事にてご紹介しました。
    「小学6年生のお子様を持つお母さんへ 〔数学〕中学準備講座について」

    今回は、英語版について。
    2020年に向けて、教育業界では、大きな変革を迎えております。
    センター試験を廃止し、別方式となっていきます。こちらについてはまだまだ進行中です。
    この点については、また別機会に発信させていただきます。

    「英語」は二極化しやすい。


    教育テーマとして取り上げられることが多いためか、熱心に幼少期から英語を学習させる家庭が多くあります。
    早い段階から英語を学び始めている子は、やはり、英語についての実力があります。
    一方、学習機会のない家庭は、中学校に入るまで全くないということも珍しくありません。
    教育熱心というわけでなくても、上に兄や姉がおり、中学校で苦労した経験などを持っている家庭は、早期から学ばせる傾向にあります。

    こうしたことに何が起こるか?というと、ズバリ、二極化、が起こります。

    学んだ経験のある子は、大変実力がある。中には中1になる段階で、英検3級(中3程度)を持っている子もいる。
    一方、ほぼ初学者からすれば、これからアルファベットを覚える。

    これでは、教える方も大変ですが、学ぶ子たちにとっても、大変です。

     

    「英語」は算数・数学より取り返しやすい。

    英語は、算数・数学と異なり、本当に小学生からの積み重ね、というわけでは決してありません。
    小学生のころは、丸暗記要素が強いので、たくさんのフレーズなどを学ばせて、覚えさせるため、
    一定の水準になるまで、時間を要します。

    しかし、中学校からでも、単語だけでなく、ルール、すなわち文法も学んでいきます。
    様々なフレーズを大量に覚えるということをしなくても、意味に通じる文を作ることができます。

    それだけでなく、算数・数学は、計算力や文章読解力、図形、空間認識などの様々な力が問われ、
    いわば、際限のない力が問われる科目です。

    一方、英語というのは、言語である以上、一定のルールはあるものの、そこには、際限があります。
    ですから、英語学習歴5年といっても、中学校で本当にマジメに取り組めば、その差というのは、3年間で
    追いつくことは、十分に可能なのです。

    そのためには、小学生やはじめの頃に大切なこと。
    それは、「英語を嫌いにならない、苦手意識を持たない!」ということです。

    英語は、言語ですから、音や発音から入ると、比較的スムーズに取り組むことができます。
    また、小学生であれば、なおさら、ルールよりも、単語やアルファベット、定型フレーズから接することが大切です。

    その後、知っているフレーズから、一定のルール、つまり文法を学び、単語を差し替えることで、
    さらにたくさんのフレーズを使うことができるようになるのです。

    この文法については、中学校で本格的に学ぶとして、
    小学生のうち、中学生の最初のうちは、嫌いにならないための工夫、取り組みが重要なのです。

    そこで、当塾では、月間テーマを設けて、以下のようなカリキュラムにて行います。

     

    ◇2016年12月 月間テーマ 「アルファベットに慣れ親しむ」
    第1回 1日(木) 「アルファベットの読み書き、挨拶と自己紹介」
    第2回 8日(木) 「ローマ字、自分の名前などを書く、数字・曜日」
    第3回15日(木) 「英単語を覚える①、発音の練習、食べ物・値段を聞く」

    ◇2017年 1月 月間テーマ 「身の回りの英単語を覚える」
    第4回 12日(木) 「英単語を覚える②、発音の練習、好きな色・動物など」
    第5回 19日(木) 「英単語を覚える③、発音の練習、学校のクラスのことなど」
    第6回 26日(木) 「英単語を覚える④、発音の練習、気持ちを伝える・出身など」

    ◇2017年 2月 月間テーマ 「より英語に触れて会話を楽しもう!」
    第7回 2日(木) 「英単語を覚える⑤、発音の練習、好きな色・動物など」
    第8回 9日(木) 「英会話①、誰の?どっちの?天気や季節など」
    第9回16日(木) 「英会話②、毎日すること、数・時間・家族のこと」
    第10回23日(木) 「英語確認テスト(英単語、英文法確認、リスニングテスト」

    当塾は、生徒との距離が近い反面、1つ1つの教室が小さく、座席数に限りがあります。
    もし、ここまでの話で、ご興味をもたれた方は、お早めにお問合せ、ご相談ください。
    また、上記日程以外に、もう1日程をご用意する予定がございます。ご要望の日程でお応えできる場合もありますので
    お気軽にご相談などいただければと思います。

     


    問い合わせ先:ラボ寺子屋 TEL03-5926-6926(月~土、14:00~22:00)