お知らせ

  • 【最新】成績UP事例を紹介

    振り返ってみたら、これだけの結果が出ていました

    これまで、自塾の成績UPの事例って、まとめたことなかったと思い、事務さんに手伝ってもらって、入塾時と卒業時(中3は2学期)の定期テストの結果を調べてみました。

     

    まとめてみた結果。。

    自分自身でも驚きました(笑)

    成績UPの結果、単年ではまとめたり、掲示したりして把握はしてみたのですが、
    いざ、こうやってまとめてみると、凄いですね!(笑)

    卒塾生や、現塾生、成績がUPしていて、今や勉強ができるようなイメージがある子でも、
    入塾前の成績と比較してみると、大きな成長を感じます。

    もちろん、成績が劇的に必ず上がるわけではありませんが、少なくとも、私たちが示したことを、
    十分にこなし、自分自身のものにしていった生徒たちは、ほぼ確実に成績UPを果たしています。

     

    生徒1人1人を見ながら、指導をしている。
    決して言葉だけでないということが、きっとわかってもらえるはずです。

    なぜ、成果が出ていくか?と考えてみると、入試システムに合わせた学習をするという点もありますが、
    最も大切なのは

    「生徒が私たちの方を向いて、私たちの話していることに興味をもっているから」

    だと思います。

     

    実際に私たちの授業を受けたことがある生徒であれば、わかるはず。

    学習法だけでなく、関連した脱線の話題が面白いということを

     

    学年にもよりますが、ずっと勉強のことだけしていられる子どもは少ないです。

    ユーモアを交えて学習できると本当に、集中してくれます。
    そして、私たちの方を見てくれる生徒たちの共通点は、
    『家庭で、塾の話、話題が出ること』です。

    「〇〇先生って、昔●●したことあるんだって!」
    「〇〇先生が、こんなこと言っていたよ!」
    「ねぇねぇ、〇〇ってなんであるか知ってる?」

    こういう話、うちの塾生だと大概、私たちが授業で話したことだったりします(笑)

    そう、子供たちは、面白エピソードやナルホドって思ったことを、誰かに聞いて欲しがるもの。

    同じ話題をもちたい気持ちがあるんですね。

    だから、塾の話題や塾に関連するエピソードが家庭で登場するというのが、塾に夢中になっているかの
    バロメーターになっているともいえるのです。

     

    では、

    皆さんのお子さんは、塾でのエピソードを家庭で話をしてくれますか?