ラボ寺子屋の特徴

  •   
  • ラボ寺子屋の特徴

塾長挨拶

学力低下が叫ばれて久しいですが、学力を向上させる目的とは何でしょうか?

なぜ、公教育(学校)だけではなく、民間教育(学習塾等)を使ってまで学力をつけさせたのでしょうか?
それは、「将来のため」と考えるご家庭がほとんどではないでしょうか。

では、将来のために学習をするとは、具体的にどんなことでしょうか?
こう聞かれると、「人並の学力を~」と答える方が多いと思います。

保護者の方々が、実際に社会の中で、学校で習ったことが、どのくらい役だったと感じるでしょうか?
多くの方は、習ったことの3割もないのではないでしょうか?
だからこそ、子供に「なんで勉強しなくてはいけないの?」と問われたときに、口ごもってしまうのです。
私も、学校で習ったことは、直接役立つ場面は少ないと思います。
しかし、学校というものを通じて身に付けた考え方や時間の使い方、優先順位の付け方、自分の作業スピード、
自分の得意なこと・不得意なこと等は社会で役だっていませんでしょうか?

ラボ寺子屋では、学校で学ぶということを通じて、将来的に役立つ力・習慣・姿勢を身に付けてもらいたいと考えています。
そのため、その子に今何が必要なのかを見極め、助言し、実行させるような指導を行います。
言葉遣いを間違えていれば、正します。使ったものを片付けられなければ、片付けさせます。
一度注意してもできないところは、何度も注意をします。字が乱雑であれば、丁寧に書くようにさせます。

学力を上げたいのであれば、様々なことを「きちんと」しなければ非常に上がりづらいのです。
これらのことがきちんとしている子は、自ずと素直に実行し、自ら考えるようになり、結果に現れてきます。
少人数にこだわり、個々に向き合い、たくさん対話をする私たちだから伝えられることがあります。
ラボ寺子屋という場を通じて、しっかりと成長し、将来活躍できる大人が1人でも多くなることを願っています。

指導理念

指導理念

現代の子供たちは、10年後には社会へと羽ばたいていき、社会を担う存在となっていきます。時代の移り変わりとともに、社会から求められるもの、求められる力、必要な力は変化していきます。
しかし、時代を問わず、いつの時代も求められている力・姿勢・習慣があることもまた事実。
私たちは、お子様・保護者の一人一人が、10年後に「あの塾に通っていてよかった」と心から思っていただくため、一人一人の今に小さな変化をもたらす指導を行います。

教育サービス業

私たちは、教育サービス業として、ご家庭と一緒に子供を教育します。
個々に必要な約束ごとや、ご家庭での取り組み等、たくさんの子供を見てきたプロとして、保護者の方へも様々なご提案・アドバイスをしています。
子どもたちが置かれた状況や背景は様々です。
教育費とは家計において、極めて優先度の高い、特別なものであるはずです。
だからこそ、ご入塾前はできる限り、お話をうかがった後で体験授業や受講に関してご提案をさせていただいています。普段、なかなか教育に関する相談ができないことが多いという方は、一度ご相談ください。集団塾、個別指導塾、自習型塾の特徴等も含め、もちうる限りのアドバイスとご提案をさせていただきます。

少人数グループ授業

私たちは、集団でも、個別でもない、少人数グループでの指導を行っています。
小学生は原則6名以内、中高生でも8名以内での授業です。
これは、集団授業の競争心や他の生徒を意識するメリットと、個々の生徒に目を配る個別指導のメリットを両方持ってます。
講師と生徒との距離感がとても近く、細かく生徒の把握をし、その場に応じた適切な指導を行います。
少人数だからこそ、保護者の方が心配される、途中入塾等の場合においても、理解度を適宜確認しながら、新入生を踏まえた授業をすることができます。
入塾時期に応じて、合流前に補習を行ったり、事前課題を出す等して、スムーズに授業へ入っていただけるフォローを行っています。

当たり前のことは当たり前に

10年、20年後の社会を担っていくのは、今の子供たちです。
きちんとした大人になるために必要なことをしっかりと指導します。
時間を守る、使ったものは片付ける、ものは丁寧に扱う、挨拶をする 等
これらのことができていない子は、なかなか学力も上げることができません。できていなければ、きちんと教え、粘り強くできるまで教育をします。
成績という結果に責任をもつためにも、人格形成や習慣化させること等も含めた指導を行っています。
親御さんの目線と同じように、子供の将来を考えた教育を行います。

近隣の学校を見学

学校とは違った、第三者目線での教育アドバイスをするため、できる限り、近隣の学校の公開授業の見学を行っています。それにより、とりわけ、上板橋第二中、桜川中の授業や提出物、進路指導状態等の情報量は、他にはマネできないものだという確かな自信があります。
特に高校受験を控えた中学生には、学校の先生の授業力や課題量、成績の付け方を踏まえ、柔軟な学習指導と提出物管理を行っています。
各学校の実情や在校生やその保護者の声等も含めて、情報を収集していますので、近隣中学校の選択にも、情報をお役立ていただいております。

塾の名前の由来

ラボとは、英語のラボラトリー(研究所)、寺子屋は江戸時代に「読み」「書き」「算盤」を教えた、寺子屋です。
教える側も常に研究・探究するという姿勢でい続けると同時に、社会に出る前に当たり前のことを、当たり前のことして教える場にするという使命感を持っている集団となる決意を込めています。

スタッフ紹介

小泉 正太 先生(コイズミ ショウタ)

担当科目【教科・授業名】 小学生・中学生:全般 / 高校生:英語・現代文
趣味・特技など パラグライダー(2人乗りのプロライセンス持っています)
自己紹介 私が、指導する上で心がけていることは、「学校の勉強と世の中がつながっている」と知ってもらうことです。
小学生には、「へぇ~」と感じられること。
中学生には、「なるほど~」「役立ちそう」と思えること。
高校生には、「確かに必要だな~」「やっておいてよかった」と思えること。

受験や進学というライフイベントを通じて、皆さんの成長のきっかけになられればと思っています。
これから、一緒に楽しく学んでいきましょう!

頼 先生(ライ)

担当科目【教科・授業名】 チューター・事務担当
趣味・特技など 趣味:食べ歩き・旅行 / 特技:水泳
自己紹介 こんにちは。
頼と書いて「らい」と読みます。
名前の通り皆から頼られる存在を目指していきます!
モットーは楽しくやろう!!です。
自称国際人で変わった経歴を歩んでいます。
勉強はもちろん、将来の事も気軽に聞いてくださいね。
みなさんが、勉強しやすい空間を維持できるよう心掛けていきたいと思います。

畠山 遥 先生(ハタケヤマ ハルカ)

担当科目【教科・授業名】 国語
趣味・特技など 音楽を聴くこと(乃木坂46,ボカロ)
自己紹介 私は教員をめざしているので、1つ1つの授業を大切に行っていきたいと思っています。
生徒1人1人をよく見て、細かな変化にも気付けるように努力していきます。

瀬田 和正 先生(セタ カズマサ)

担当科目【教科・授業名】 中学・高校:数学
趣味・特技など 将棋
自己紹介 元々数学に興味があり、大学卒業後も、継続的に数学の学習を続けてきました。それによって、中学・高校の数学への理解が深まりました。
この経験を役立てられることができるのではと考えて、l講師となりました。

指導する中で、大切にしていることは、2つあります。
①解に至る考え方を可能な限り、複数示すこと
②式の変形を丁寧に示すこと

一緒に頑張りましょう