ブログ

  •   
  • ブログ
  • 小学6年生のお子様を持つお母さんへ 〔数学〕中学準備講座について

    いよいよ2016年も、終盤に差し掛かってきました。
    受験生が終盤になったと同時に、新年度の準備をする時期となってまいりました。

    今年から、当塾でも小学生向けに、中学準備講座を実施することとなりました。

    中学生になるまでに「完璧にすべき」こと

    大きな変化が訪れます。その中でも、大きな影響を及ぼすのが「部活動と定期テスト」です。

    このうち1つだけであれば、ほとんどの新入生は順応をしていくはずです。
    しかし、2つが合わさることによって、新入生、ほぼ小学生の中1生は、対応していくのが困難になってしまいます。

    理由の1つは、「体力面」という点が大きいようです。
    特に、運動部に所属する新入生にとって、小学生と中学生というのは、体格的な面等から、運動量が段違いとなります。
    そのためしばらくは、帰宅してすぐに「バタンきゅー」となってしまう子が続出します。
    とてもではないですが、学校の宿題や課題、まして自分で勉強をするなどという余裕がありません。
    (もちろん、一部例外的な子はいるかもしれません)

    これらのことを踏まえると、中学生になるまでに、最低限マスター・完璧にしておくべきことが出てきます。

    分数のたし算・ひき算・かけ算・わり算。スラスラと正確に!

    中学生になってからの数学という科目において、最も大切なことは、「計算」です。

    具体的に言えば、小学生範囲の「分数」の四則計算(+・-・×・÷の計算)を、完璧にスラスラとできるようにすることです。

    理由1:中学最初の関門は、「負の数(マイナス)の計算
    中学に入って、最も最初に学ぶことが、「負の数(マイナス)」の入った計算です。
    小学生では、正の数(プラス)の範囲だけで考えることができましたが、負の数(マイナス)が入ってくることで、
    「符号(+・-)」を気にするということが出てきます。
    これが、意外と中1生にとっては、頭に負荷がかかってしまいます。
    「-」の引き算や、「+」と「-」の混合式などは、混在してしまい、間違えが増大します。

    この背景には、「頭に負荷がかかることを、同時にやればやるほど、ミスが増える」という事実があります。
    これは、普段の生活の中でも、感じることができることだと思いますが、家事も2つ程度ならば、同時にこなすことができる
    と思いますが、3つ・4つともなると、相当熟練した方でないと、こなすことは難しくなります。
    1つはやり忘れてしまうということがでてくるはずです。
    これは、やはり、「頭に負荷がかかることを、同時にやる」ことによって、「ついうっかり」が増えてしまうことが原因です。

    勉強面に関しても、同じことがいえます

    新しい単元を学び始めたときは、基本問題で「やり方」を学習します。ここまでは、整数を使っているので多くの子ができます。
    少し単元が進んでいくと「小学生範囲(特に分数)」が混ざった問題になっていきます。

    ここで、小学校範囲がガッチリとしていない子は「間違え」がとても増えていきます
    分数の計算だけならば、できる子でも、2つのことが合わさると間違えてしまうのです。

    これは、頭の中で「同時に考えることが2つ」あるために起こります。

    この状態を解決するためには、前に学習した内容、ここでいうと分数の計算を、
    「かけ算の九九のように、頭に負荷がかからないレベルまで引き上げる」ということが大切なのです。

    下の表をご覧ください。
    算数・数学単元関連表

     

     

    中1の「正の数・負の数」は、その後の中学校のほぼすべての単元に影響を与えます。
    大げさにいえば、「中学校の数学が得意になるかどうか」が問われる、ともいえるのです。

    準備講座のカリキュラムの狙い

    これらと、地元小学校のレベルと、中学校のレベルギャップなどを考慮し、以下のようなカリキュラムを提案いたします。

    ◇2016年12月 月間テーマ「小学校の算数を振り返る」
    第1回 5日(月) 小学校算数のまとめ① 小学校低学年(1~3年生)の計算の復習 【掛け算・割り算・単位など】
    第2回12日(月) 小学校算数のまとめ② 小学校中学年(4年生)の計算の復習 【分数のたし算・ひき算】
    第3回19日(月) 小学校算数のまとめ③ 小学校高学年(5年生)の計算の復習 【分数のたし算・ひき算・通分・約分】

    ◇2017年1月  月間テーマ「数学の世界に触れる1」
    第4回16日(月) 小学校算数のまとめ④   小学校高学年(6年生)の計算の復習 【分数のかけ算・わり算・仮分数】
    第5回23日(月) 数学「正の数・負の数①」  小学校の範囲のおさらい、正負の数
    第6回30日(月) 数学「正の数・負の数②」  正負の数(たし算・引き算)

    ◇2017年2月 月間テーマ「数学の世界に触れる2」
    第7回 6日(月) 数学「正の数・負の数③」  正負の数(かけ算・わり算)
    第8回13日(月) 数学「文字と式」① 正負の数(おさらい)、文字と式
    第9回20日(月) 数学「文字と式」② 文字と式(文字の使用、1次式の計算)
    第10回27日(月) 数学「準備完了 確認テスト」 計算・文字式の確認テスト

    この準備講座は、1学期の最初のテストで90点以上を取るために、実践的で、的を絞ったカリキュラムと
    しております。これまで、特に準備をしてこなかった、という方には、別日程もご用意しております。
    気になる方は、お問合せください。

    受講するにあたって

    受講料:英数2科 月額¥9,000‐(税別)  途中からの受講も可能です!
    (受講は2科となります。1科のみではお受けしておりません。ご了承ください)
    お問合せ:当塾教室へご連絡、所定の用紙をご記入ください(問い合わせ方法:TEL・HP・LINE)

     

  • 小学校のテストは簡単。80点では足りていないという現実。

    「80点取れている」ではなく「80点しかとれていない」

    当塾でお預かりしている生徒たちのメインは、中学生や高校生です。
    ですが、彼らの学力を改善させることは、実は並大抵のことではありません。
    たくさんの生徒たちが、なんとか頑張って、私たちも頑張り、学力の改善を達成しています。
    今日、この瞬間もその頑張りが続いています。

    そうした指導をする中で、切に感じることがあります。
    それは、「小学生範囲ができている」という言葉は、「小学生範囲は、定着していないかもしれない」と
    同じことを意味しているということです。

    私たちは、中学生に入り、どの程度のレベルが要求され、必要としているかを熟知しています。
    いくら、親御さんが小学生範囲ができていると言っていただいても、なかなか中学生の高水準に達する
    子は非常にレアなのです。

    その背景には、「中学校の定期テストと小学校のテストの実施時期」があります。

    ご存知の通り、中学校の定期テストは「一定の時期にまとめて、他科目も同時」が原則となります。
    一方、小学校のテストは、「単元が終わってから、その後に間を置かず、1科目ずつ」が一般的です。

    これは、どういうことでしょうか?

    小学生のテストは、その多くは、生徒個々人で、「テストの勉強をして受ける」ということがあまりありません。
    なぜかというと、単元を学習したあとの確認のためのテストでしかないからです。
    勉強した直後にテストを実施すれば、知識が新鮮ですので、生徒たちは特にテスト勉強というものが
    必要ありません。
    そのため、小学生はテストのために勉強をするという発想・習慣がないまま、中学生になってしまうのです。

    一方、「中学生は、定期テスト期間に、準備をして受ける」ものです。
    中1ギャップという言葉があるように、学習面においては、
    「小学校から中学校への橋渡しはうまくできていない」ケースが多いのです。

    実際に、塾生が通っている中学校では、中数学の問題では、中1の1学期から応用的な分数の
    四則計算が出題されます。
    一方、小学校でそのレベルの分数の計算が行われているのか?というと、
    実際は、ほとんどなされていない現実があります。

    つまり、中学校の先生が考える「これぐらいできなければダメ」というレベルと
    小学校の先生が考える「これくらいできればよい」というレベルが一致していないのです。

    したがって、先々の中学校入学後の視点で考えると「小学生範囲は、まだ定着しきれていないね」
    という評価をせざるを得ないのです。

    ぜひ、参考にしていただき、本当の中学準備をしていただければと思います。

     

  • グレードアップしていきます

    夏休み以後、久しぶりの更新となってしまいました。

    というのも、夏休みを終えてからというもの、当塾のグレードアップに時間を割いていたためです。

    おかげ様で、塾生の数が増えていたため、新しい先生の採用をしながら、新しい企画、新しい〇〇を準備をしています。

    詳しい詳細については、既に生徒たち何人かは伝えてしまっておりますが、じきじきに公開できるかと思います。

    ヒントは、下の写真。
    ここがグレードアップします。
    中高生の人たちにとっては、うれしいグレードアップになるはずです。

    乞うご期待!

     

    win_20160725_10_57_51_pro win_20160725_19_51_50_pro

  • キャンパス見学してきました@明治大学中野キャンパス

    【大学キャンパス見学】
    今日は、私の母校、明治大学へキャンパス見学に行ってきました。
    とはいえ、今日は塾生の志望学部である、総合数理学部・国際日本学部などが入っている、中野キャンパスでした。
    (私の時代には、中野キャンパスはありませんでしたので、私自身、初です笑)

    明治大学中野キャンパス

    紹介動画

    パンフレット(表面)  パンフレット(裏面)

     

    久々に、大学という場所に行って学生気分を思い出しました。

    2013年頃に新設されたようです。
    私が卒業したあとにできました。

    明治大学は、駿河台(中央・総武線@御茶ノ水)、和泉(@京王線明大前)、生田(@小田急) が従来の校舎です。
    この校舎は、駿河台と和泉キャンパスのいいとこどりをした印象でした。

    都市型の建物(駿河台っぽい)ではありますが、広場となる場所も確保されていて、リラックスできる空間(和泉っぽい「)もあります。
    この少子化のご時世に、キャンパスを増やすとは、母校ながら、すごいと思います。

     
    (スマホのカメラレンズにひびが入っていたため、タブレットで数枚しか写真撮れませんでしたm(__)m)

    WIN_20160706_13_10_30_Pro編集 WIN_20160706_13_22_55_Pro編集 WIN_20160706_13_22_40_Pro編集

    実は、ここ数年、母校である明治大学は、私大の中でも先駆けて、学部間統一入試(全学部同一問題の入試)をスタート。
    そして、全国主要都市でも、受験ができるような取り組みで一気に志願者を増やしました。

    そのため、近年、志願者増に伴い、倍率が上がり、合格偏差値も上がったとのことです。

     

    一緒に行った高校2年生3名も、高校進路指導の一環で、他大学へ行っていると思いますが、

    最新施設がそろっていることもあり、驚きのためいきが何度も出ていました。

    比較的、近い場所に立地しているのも、彼らにとっても魅力的なようでした。
    決して簡単な大学ではないですが、しっかり勉強をすれば、ここの学生になることができます。

    今回の見学によって、上がったモチベーションで、夏休みを過ごしてほしいですね。

     

  • 2016年 春期講習のお知らせ

    今年度の春期講習の募集についてご案内させていただきます。

    今年度は高校生の無料体験も承っております。大学受験を念頭に置いている方、早めに準備されたいという方は、ご相談ください。
    高1・2年生では、文系・理系問わずに、「英語」を早期準備されることをオススメします。
    都立高校・私立高校問わずに、第1志望GMARCHレベルを目指す高校生を主に対象としております。
    東大や早慶といった、いわゆる難関大受験ではない方向けのレベルとなっております。

    もちろん、小中学生の無料体験もお受けしております。

    ■講座一覧
    https://drive.google.com/file/d/0Bxe3SJWzy_qLSk5vTkJlRmE0ems/view?usp=sharing

    ■3月スケジュール一覧
    https://drive.google.com/file/d/0Bxe3SJWzy_qLRVhyakZjRDBRbGs/view?usp=sharing

    ■ラボ寺子屋 通塾案内(2016年度版)
    https://drive.google.com/file/d/0Bxe3SJWzy_qLa2Y0R0JqQkh1Qkk/view?usp=sharing

    ☆当塾は、少人数グループ授業です。一定の人数制限をしております。
    ☆都立志望の方は、理科社会の受講をオススメしております。(3月末時点 残席数4席)
    ☆入塾金は、ございません。
    ☆体験授業は、年度の途中よりも、この時期がオススメです。
    この時期から始めれば、個別指導のような授業料を払わずとも、適正料金でスムーズな学習ができます。

    その他お問合せやご質問は、サイト右上のバナーからどうぞ!(LINEでもメッセージ受付できます)
    メニューの「友だち追加」で「ID検索」を選択して、「@laboterakoya」と入力して検索すると、友だち追加できます。