ブログ

  •   
  • ブログ
  • 英単語テスト 合格するまで再テスト

    ●中学2年は英語の学年●

    高校受験をする上で、最も大切な学年は中学2年だということはご存知でしょうか?
    (ちなみに中3は数学の学年!)
    教科書改訂により、板橋区・練馬区が採択している英語の教科書は、難易度が上がっています。
    それによって、学習する単語数も増加しています。
    =================
    改訂前:900語程度
    改訂後1200語程度
    =================

    2020年の学習指導要領改訂時には、1600~1800語に増えることが予定されています。

    英語に課題がある人たちが、探し求めて通ってくれている塾だからこそ、学習の基本を徹底します。
    それは「知識を引っ張り出す力」「反復」、そして「徹底」です。

    当塾では「毎回少しずつ」ペースで「単語テスト」を実施しています。
    数にすれば、毎回20個と少なめです。あえて、少なめにしています。
    1つのスペルミスもしないというのは、英語が苦手・標準レベルの子たちにとっては、意外と難しいこと。

    そうした子たちが多く通うからこそ、「仕組化」して、何度も繰り返しができるようにしています。
    ポイントの1つが、「成績の可視化(見える化)」です。

    中2生は、毎回のテストを受けて終わりという勉強はしません。
    再テストを受けて、合格するまで繰り返します。
    そのために、テスト結果は一覧にして、合格・不合格がわかるように、教室へ掲示しています。
    始めた当初は、あまり前向きに取り組む様子ではありませんでした。
    しかし、現在では、たとえ合格しなくても、週に1回再テストを進んで受けるようになっています!

    テスト結果は、最高点・平均点・クラス順位・再テストの合否などがわかるようになっています。
    無理なく頑張れば1位がとれるテストにすることで、やる気になるのです(←コレ、大切です)

    「やる気」は「やれる気」です。

    やる気スイッチの本当の入れ方、知りたい方は、1度ご相談くださいませ。
    ご相談はコチラから
    LINEでご相談もできます。(LINE相談

  • 冬期講習 後半2日目! GMARCHを見据えて

    冬期講習の後半戦2日目。win_20170105_22_48_35_pro

    豊島高校、武蔵丘高校2年生が大学受験を目指して
    学んでいる、「英語構文」の冬期チェックテストです。

    今回は、通年で使用している「塾専用教材」より、3月から解説をしてきた内容から、抜粋しています。

    目的としては、約10カ月の実力を図ること。

    豊島高校でクラス、学年でも上位に入るK君。
    さすがといった感じでしょうか、しっかりとした日本語訳が書けています。
    また、去年の春先から合流したS君も、相当実力をつけてきています。先日、お母様からも、メッセージをいただきました。今後に期待です。

    このレベルは、北園高校や、文京高校、竹早高校に通う生徒たちといえども、
    なかなかできないはずです。

    中学生の皆さんは、忘れないでください。
    高校に入って勉強をしっかりとすれば、自分が受験のときに届かないと
    思っていた学校の生徒より、上位にいくことは可能なのです。

    これは、言い換えると、「高校で勉強をしなければ、中学時代の貯金など、
    即座になくなり、1ランク下、2ランク下だった同級生にも抜かされる」ということです。

    頑張るを結果につなげられる手伝いをする、それが私の役目だと、今年は心より感じています。

    受験生も、入試まであと少し!
    頑張りましょう!

    ●ラボ寺子屋の高校英語をチョット宣伝!技ありの1ネタ!

    win_20170105_10_07_05_pro-2
    先日、Twitterにも投稿した某授業での板書の1枚。
    塾生にとっては、当たり前の話なのですが、皆さまはどのように理解してますか?
    正解をしたとしても、文法問題で時間かけてませんか?
    GMARCHは難しいというよりも、「効率よく、解く!」が求められています。
    問題が解けたり、単語や熟語を覚えているだけだと、GMARCHレベルの大学には嫌われてしまいますよ~(笑)

    高1生や、高2生で勉強をする「時制」。

    時制は原則、2つのパーツでできています。
    それは「」と「」です。

    みなさんが、現在形といっているのは、正しく表現すると、「現在普通形」です。

    それぞれ、別のパーツですので、
    現在完了形か過去形(過去普通形)かなどで、悩むわけがないのです。

    I ( have lost  / lost ) my watch.
    仮にこのような例文ならば、文句なしで have lostになります。
    (理由は、過去を表す語句がありません!現在完了形は、「時」が現在です。)

    画像はそれを説明したときのものです。
    2つのパーツをばらばらに考えるのです。

    ★「時」が過去・未来のときは、それらを示す語句が必ずあります → なければ、「現在」
    yesterdayやtomorrowといったものです。長文では、前で1度示せば、その後は書かれません。

    さらに
    ★「形」も進行形・完了形のときには、それらと一緒に使うキーワード・語句があります → なければ「普通形」
    since, often, already, now, then , duringなどといったものがその例です。

    ですから、中1ででてくる、
    I play tennis. という文は、特別な意味を持たせるために使用するため、いわば、特殊な使い方とも言えます。
    このあたりは、高校の授業でも習うことかと思います。

    いかがだったでしょうか?
    意外とシンプルなルールです。もちろん、例外もあるかと思いますが、
    まずは、「原則を知り、原則に当てはまらない例外を覚える」という方が、時間効率は高いのではないでしょうか?
    皆さまは、どうお考えになりますでしょうか。

    私たちのような環境では、「短時間に判断をする!」という視点で教えます。

    なかなか学校だけでは知れない学びが、ラボにはあります。
    近隣で大学受験を考えている人、GMARCHを目指したい人は、
    2月に予定している、塾説明会へお越しください。
    (新年度前に1度体験してみたい方、コチラからお問合せください)

     

  • 冬期講習 後半戦突入!

    既に、2日から勉強を開始している受験生たちですが、win_20170104_17_11_06_pro
    受験生だけでなく、来年の受験生である中2生や高2生たちが勉強に来ていました。

    中2生は、冬休みの課題で出されているがわからないものを、質問をしに来ています。
    高2生は、授業も当然ですが、予習前提の授業なので、その準備に余念がありません!

    勉強習慣をつけるというのは、なかなか大変なことですが、やるべきことを「やろう」という意識は、次第についていきます。
    win_20170104_17_11_16_prowin_20170104_17_11_29_pro
    そのためには、環境が大切です。
    学習に取り組む人が多くいる環境で学ぶことができるのは、図書館や家庭では難しいことです。

    そういった場合、塾という集中できる良い環境があると、心強いですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    予習に取り組む高2生!
    右側は豊島高校でトップ5の生徒です。
    左に座るのは、同じく豊島高校の2年生。昨年3月から途中入塾しましたが、クラス20~30位から、クラス2位まで上がった成長株です!先日の定期テスト、数Bはクラス1位でしたね。

    2人はいつも、良きライバル関係。
    この後の授業も頑張ってくれることでしょう!

     

    中3の数学の授業。win_20170104_17_11_48_pro
    確実に得点しておきたい問題の総復習の真っ最中です。

    確率や作図は全員が得点すべき問題として、練習を徹底しています。

     

    残された時間を有効に使えるように、学習内容など、方法についてもしっかりと指導をしていきます。

    3学期の学年末テストに向けて、しっかりと準備が必要な方は、早めにご相談ください。

  • 今年もありがとうございました。年明けからもよろしくお願い申し上げます。

    早いもので、もう2016年も終わろうとしています。
    そんな中、学習塾という業態であるため、受験シーズンが控えているため、年末という感じがしない年末を迎えます。
    当塾「ラボ寺子屋」も例外ではありません。

    今年は、昨年以上にさらに多くのの生徒やご家庭に選んでいただき、感謝の言葉もございません。
    心より御礼申し上げます。

    年が明けまして、1月2日から、地域では珍しい「正月特訓」からスタートいたします。
    ご家庭で勉強環境の確保が難しい分、手薄になる部分を、当方でカバーしたいと考えております。

    受験生中心ではございますが、1月2日、3日と実質8時間程度の学習時間を確保しております。
    世間ではお正月となりますが、私どもは直前まで受験のサポートをさせていただく所存でございます。

    また、その他学年についても冬期講習は1月4日から、再開いたします。今春から受験生へ進級するご家庭につきましても、
    不安なことや疑問点などございましたら、なんなりとご相談ください。

     

    2017年も、「ラボ寺子屋」をどうぞよろしくお願いいたします。

    塾長 小泉 正太

  • 小学6年生のお子様を持つお母さんへ 〔数学〕中学準備講座について

    いよいよ2016年も、終盤に差し掛かってきました。
    受験生が終盤になったと同時に、新年度の準備をする時期となってまいりました。

    今年から、当塾でも小学生向けに、中学準備講座を実施することとなりました。

    中学生になるまでに「完璧にすべき」こと

    大きな変化が訪れます。その中でも、大きな影響を及ぼすのが「部活動と定期テスト」です。

    このうち1つだけであれば、ほとんどの新入生は順応をしていくはずです。
    しかし、2つが合わさることによって、新入生、ほぼ小学生の中1生は、対応していくのが困難になってしまいます。

    理由の1つは、「体力面」という点が大きいようです。
    特に、運動部に所属する新入生にとって、小学生と中学生というのは、体格的な面等から、運動量が段違いとなります。
    そのためしばらくは、帰宅してすぐに「バタンきゅー」となってしまう子が続出します。
    とてもではないですが、学校の宿題や課題、まして自分で勉強をするなどという余裕がありません。
    (もちろん、一部例外的な子はいるかもしれません)

    これらのことを踏まえると、中学生になるまでに、最低限マスター・完璧にしておくべきことが出てきます。

    分数のたし算・ひき算・かけ算・わり算。スラスラと正確に!

    中学生になってからの数学という科目において、最も大切なことは、「計算」です。

    具体的に言えば、小学生範囲の「分数」の四則計算(+・-・×・÷の計算)を、完璧にスラスラとできるようにすることです。

    理由1:中学最初の関門は、「負の数(マイナス)の計算
    中学に入って、最も最初に学ぶことが、「負の数(マイナス)」の入った計算です。
    小学生では、正の数(プラス)の範囲だけで考えることができましたが、負の数(マイナス)が入ってくることで、
    「符号(+・-)」を気にするということが出てきます。
    これが、意外と中1生にとっては、頭に負荷がかかってしまいます。
    「-」の引き算や、「+」と「-」の混合式などは、混在してしまい、間違えが増大します。

    この背景には、「頭に負荷がかかることを、同時にやればやるほど、ミスが増える」という事実があります。
    これは、普段の生活の中でも、感じることができることだと思いますが、家事も2つ程度ならば、同時にこなすことができる
    と思いますが、3つ・4つともなると、相当熟練した方でないと、こなすことは難しくなります。
    1つはやり忘れてしまうということがでてくるはずです。
    これは、やはり、「頭に負荷がかかることを、同時にやる」ことによって、「ついうっかり」が増えてしまうことが原因です。

    勉強面に関しても、同じことがいえます

    新しい単元を学び始めたときは、基本問題で「やり方」を学習します。ここまでは、整数を使っているので多くの子ができます。
    少し単元が進んでいくと「小学生範囲(特に分数)」が混ざった問題になっていきます。

    ここで、小学校範囲がガッチリとしていない子は「間違え」がとても増えていきます
    分数の計算だけならば、できる子でも、2つのことが合わさると間違えてしまうのです。

    これは、頭の中で「同時に考えることが2つ」あるために起こります。

    この状態を解決するためには、前に学習した内容、ここでいうと分数の計算を、
    「かけ算の九九のように、頭に負荷がかからないレベルまで引き上げる」ということが大切なのです。

    下の表をご覧ください。
    算数・数学単元関連表

     

     

    中1の「正の数・負の数」は、その後の中学校のほぼすべての単元に影響を与えます。
    大げさにいえば、「中学校の数学が得意になるかどうか」が問われる、ともいえるのです。

    準備講座のカリキュラムの狙い

    これらと、地元小学校のレベルと、中学校のレベルギャップなどを考慮し、以下のようなカリキュラムを提案いたします。

    ◇2016年12月 月間テーマ「小学校の算数を振り返る」
    第1回 5日(月) 小学校算数のまとめ① 小学校低学年(1~3年生)の計算の復習 【掛け算・割り算・単位など】
    第2回12日(月) 小学校算数のまとめ② 小学校中学年(4年生)の計算の復習 【分数のたし算・ひき算】
    第3回19日(月) 小学校算数のまとめ③ 小学校高学年(5年生)の計算の復習 【分数のたし算・ひき算・通分・約分】

    ◇2017年1月  月間テーマ「数学の世界に触れる1」
    第4回16日(月) 小学校算数のまとめ④   小学校高学年(6年生)の計算の復習 【分数のかけ算・わり算・仮分数】
    第5回23日(月) 数学「正の数・負の数①」  小学校の範囲のおさらい、正負の数
    第6回30日(月) 数学「正の数・負の数②」  正負の数(たし算・引き算)

    ◇2017年2月 月間テーマ「数学の世界に触れる2」
    第7回 6日(月) 数学「正の数・負の数③」  正負の数(かけ算・わり算)
    第8回13日(月) 数学「文字と式」① 正負の数(おさらい)、文字と式
    第9回20日(月) 数学「文字と式」② 文字と式(文字の使用、1次式の計算)
    第10回27日(月) 数学「準備完了 確認テスト」 計算・文字式の確認テスト

    この準備講座は、1学期の最初のテストで90点以上を取るために、実践的で、的を絞ったカリキュラムと
    しております。これまで、特に準備をしてこなかった、という方には、別日程もご用意しております。
    気になる方は、お問合せください。

    受講するにあたって

    受講料:英数2科 月額¥9,000‐(税別)  途中からの受講も可能です!
    (受講は2科となります。1科のみではお受けしておりません。ご了承ください)
    お問合せ:当塾教室へご連絡、所定の用紙をご記入ください(問い合わせ方法:TEL・HP・LINE)