小学生

  •   
  • 小学生
  • 【夏期講習】アクトレ・英検・漢検講座 座席予約はコチラ

    夏期講習の予約がスタートしました。

    夏期講習のアクトレ・英検・漢検講座を受講する際には、座席のご予約が必要です。

    受講回数・時間が多い方は、別途「受講申告シート」にご記入、ご提出ください
    (WEB予約には、時間帯の都度、メールアドレス入力が必要になり入力に時間を要します)

    提出後の受講追加等の場合、こちらのWEBから追加入力していたければと思います。
    入力は、原則、前日までにご登録をお願いします。

    クービック予約システムから予約する

  • 【夏期限定】漢検アクトレ
    漢字の書き取り力UPが読解力UPのカギ

    読解力UPには、漢字の書き取り力を上げることが近道です。
    読解力UPは、国語や算数・数学だけでなく、長期的に見ると、英語にも大きな影響を及ぼします。
    漢字の書き取り問題は、読解力の基本である「(  )の前後とのつながりを考える」力を養うためです。
    例えば、以下の例のような問題をご覧ください。

    例:カタカナ部分を漢字に直しなさい。
    ①学校には工作キカイがある
    ②さむらいが刀をサス
    ③兄は画家をシボウする

    このような漢字は、同音意義語(読み方が同じだが、違う漢字)が複数あります。

    ①〇機会 ×機械 ×器械  ×奇怪
    ②〇差す ×指す ×刺す
    ③〇志望 ×死亡 ×脂肪  ×子房

    大人は、「こんなの間違えるわけないじゃないか?」と思う人が多いでしょう。

    しかし、読解力がない子の特徴をよくよく分析・観察していくと、
    空欄の前後を読んだ上で、そこに入る漢字の意味を考えて、つながるのか?
    を考える意識が薄いという特徴があります。

    これは、もちろん算数・数学の文章問題に影響します。
    文章題とは、究極に言えば「式を作る問題」と言えます。
    文章題が苦手な子は、この「式を作ることができない」子です。

    なぜ、式を作ることができないのかといえば、「文や言葉の意味のつながりが理解できない」からです。

    これは、基礎的な問題で前後を考える習慣がないケースが多くあります。
    つまり、「キカイ」というフレーズだけで、答えてしまう習慣がついてしまっているのです。

    読解力の基本は「前後関係の意味を考える」ということ、その基礎的な思考や習慣は「漢字の書き取り」で養うことができるというわけです。

    国語が苦手、文章題が苦手、という子は「漢字」の書き取りから始めてみましょう。

    別記事(予定)『英語と日本語の関係とは?』

    漢検アクトレとは?

    定着・マスターできるまで繰り返す、スモールステップ式の演習学習、それが「アクトレ」です。
    この漢検講座は、7級~2級までカバーしています。

    単元リスト

    サンプル問題

    問題の種類も、漢検の問題形式をすべてカバーしていますので、この講座だけで十分に範囲をカバーできるので安心して、取り組むことができます。

    実際に漢字検定だけでなく、学校の漢字テスト対策としては、短期的学習でも、十分に実力アップが望めます。この夏で、漢字力UPして読解力UPのスタートを切りましょう!

  • 小学校のテストは簡単。80点では足りていないという現実。

    「80点取れている」ではなく「80点しかとれていない」

    当塾でお預かりしている生徒たちのメインは、中学生や高校生です。
    ですが、彼らの学力を改善させることは、実は並大抵のことではありません。
    たくさんの生徒たちが、なんとか頑張って、私たちも頑張り、学力の改善を達成しています。
    今日、この瞬間もその頑張りが続いています。

    そうした指導をする中で、切に感じることがあります。
    それは、「小学生範囲ができている」という言葉は、「小学生範囲は、定着していないかもしれない」と
    同じことを意味しているということです。

    私たちは、中学生に入り、どの程度のレベルが要求され、必要としているかを熟知しています。
    いくら、親御さんが小学生範囲ができていると言っていただいても、なかなか中学生の高水準に達する
    子は非常にレアなのです。

    その背景には、「中学校の定期テストと小学校のテストの実施時期」があります。

    ご存知の通り、中学校の定期テストは「一定の時期にまとめて、他科目も同時」が原則となります。
    一方、小学校のテストは、「単元が終わってから、その後に間を置かず、1科目ずつ」が一般的です。

    これは、どういうことでしょうか?

    小学生のテストは、その多くは、生徒個々人で、「テストの勉強をして受ける」ということがあまりありません。
    なぜかというと、単元を学習したあとの確認のためのテストでしかないからです。
    勉強した直後にテストを実施すれば、知識が新鮮ですので、生徒たちは特にテスト勉強というものが
    必要ありません。
    そのため、小学生はテストのために勉強をするという発想・習慣がないまま、中学生になってしまうのです。

    一方、「中学生は、定期テスト期間に、準備をして受ける」ものです。
    中1ギャップという言葉があるように、学習面においては、
    「小学校から中学校への橋渡しはうまくできていない」ケースが多いのです。

    実際に、塾生が通っている中学校では、中数学の問題では、中1の1学期から応用的な分数の
    四則計算が出題されます。
    一方、小学校でそのレベルの分数の計算が行われているのか?というと、
    実際は、ほとんどなされていない現実があります。

    つまり、中学校の先生が考える「これぐらいできなければダメ」というレベルと
    小学校の先生が考える「これくらいできればよい」というレベルが一致していないのです。

    したがって、先々の中学校入学後の視点で考えると「小学生範囲は、まだ定着しきれていないね」
    という評価をせざるを得ないのです。

    ぜひ、参考にしていただき、本当の中学準備をしていただければと思います。

     

  • 小学生にとって、「どんな環境か?」は極めて重要

    小学生を教えていると、学力の個人差を感じることがあります。

    もちろん、中学生や高校生になれば、なお個人差は発生します。
    しかし、これは小学生や中学生の頃に勉強をしたか否かという過去に原因があるケースがほとんどです。

    頑張り具合や取組方がちょっとだけだっとしても、それが1年、2年と時間が経過するにつれて、
    その差はどんどん広がっていくことは、想像に難くないでしょう。

    かつて私が働いていた、某大手の進学塾で、中学生から小学校高学年、そして、だんだんと
    小学校低学年へ力を入れていきました。

    働いている当時は、小学生低年を教えるということは、とてもとても大変で、
    中学生あたりの学年を教えていた方が、しっかりと伝わるし、説明もしやすいと感じていました。
    「教える講師」という肩書きではなく、「教える人」「教える大人」という肩書きがふさわしい位、
    勉強に関することに関わらず、様々なことを教え、躾的面が必要だったからです。

    しかし、あれから10年経ち、最近になって、やっと、低学年に力を入れていた意味を少し理解できる
    ようになりました。(塾の経営的面ではなく、子供の学力面で…)

     

    人間は生まれてから、ごく一部の人を除けば、学力に関しての差などほとんどありません。
    学力は先天的なものではなく、後天的なものだからです。

    しかし、後天的だからこそ、小学生の間が大切なのだと思います。

    幼児教育という面や脳の発達度合いという面も影響しますが、小学生の学力というのは、
    「環境要因・外部要因」で差がつく感じるようになりました。

    「環境要因・外部要因」というのは、もっとわかりやすく言えば、

    ● 学校で宿題が毎日出るか?

    ● 音読をさせているか?

    ● 算数で言えば、式を書かせているか?

    ● 教える側が当てずっぽうでの〇ではなく、きちんと論理的に考えているという
    プロセスを経て〇だと確認しているか?

    などです。

    小学校は、脳がまだまだ発達途中ということもあり、子供ごとに個人差が発生します。
    しかしながら、その個人差を大きくするのが、子供がおかれている環境だといえます。

    これは、「接する人・接するモノ・家庭・居住地域・学校・習い事・遊び」などなど、様々なものです。

     

    ここに、公式的なものを導きだすことは困難です。

    しかし、「傾向」というのは見て取ることができると思います。

     

    どんな環境に子どもが置かれていて、進んでほしい、実現してほしい姿などを思い描いたとき、
    「今、自分のお子さんには何が足りていないのか?」
    考えてみてください。

    そして、都市部であれば、自然に触れる機会をできるだけたくさん作ってください。
    自然に興味を持ってほしいと思うならば、自然に触れさせてください。
    都市部に住んでいて、仕事が忙しいと親が言っていて、ただ「願っているだけ」では、自然に
    興味を持つことは、極めて難しいでしょう。
    人間の言葉や価値観は、自分の身近な環境から影響を受けます。
    とりわけ、子供であれば、なおさらです。
    とてもとても小さな生活半径な子供であれば、日常から外へ出るということがなされなければ、
    自然を見る機会はありません。自然を見る機会がなければ、不思議に思う機会も少ない。

    「結果」には、必ず「原因」があります。

    「自然に興味を持った子に育った」という結果には、
    「自然に触れていた」という原因があったことは、ほぼ間違いないでしょう。
    (もちろん、テレビや図鑑などが影響する場合もありますが。。。)

    しっかりとした原因作りをしなければ、よい結果は出ません。
    とはいえ、親がいくら願って、いい原因作り(体験活動)をしても、
    それは必ずしも、狙った結果になるわけではありません。
    ここが、教育の難しいところでもあります。

    しかし、1つ言えることは、その体験した!という経験が、何らかの原因につながり、影響するという
    ことは、間違いありません。

    それは、はたまた「都道府県」の所在地を覚えるときに、役立つのか、
    算数の「速さ・道のり・時間」で役立つのか、
    将来の仕事観に役立つのか。

    全く、確定的なことはありません。

    1つのアドバイスとしては、

    「一時的な環境であれば、遊び心を持って。日常的な環境であれば、よく吟味して。」
    といったことを念頭に置いておくとよいと思います。

    日常的な環境は、「習慣」「性格」「考え方」にじわじわ影響を与えていきます
    だからこそ、選べる環境(習い事等)であれば、よく大人の目で吟味をすべきですではないでしょうか?